diaries
チャックのサージヨージ東京展日記
 1 2 3 4 5
11月11日(木)
 イルカ荘の朝はもちろん遅いのです。 朝の9時になっても皆はまだまだ寝袋の中で、夢を見ている様子です。  しかし、二葉苑(麒麟庵)の当番の人は11時までには到着して鍵を開けなければ始まりませんし、今日はお昼のKOSUMIさんでの「樋口陽子さんのリゾット」を予約されている人もいて、また昨日到着したばかりでまだ会場をどこもまわっていない人もありで、そろそろ始動せねば‥‥。コーヒーに果物で簡単に朝食を済ませ、11時過ぎには三々五々にでかけることとなりました。  さてさて、イルカ荘。とにかく昨日は暗くてよく見えなかったその全貌を、朝のさわやかな光と少し冷たく引き締まった11月の空気の中で知ることとなります。玄関といってもここは本来は勝手口にあたるところから皆さん今は出入りしているのです。今朝はそこにネコを抱いた近所の女性がいらっしゃって‥‥。実は泉さんが大阪を出発する時に連れてきた捨てネコちゃんも、この期間にやさしいこの飼い主さんが見つかり、もうすぐ泉さんが大阪に帰ると聞いて挨拶に来てくれたんだとか。 名前も当初「さじ」だったのが「シャネル」とゴウジャスな名前に変っており、しかし元主人の顔は憶えていたのか再会をほんと喜んだ二人(一人と一匹)なのでした。  写真はその入り口(勝手口)の様子ともう一枚は本来の玄関の様子。タイルワークの見事さは、ぜひこの朝の光で見なきゃ!イルカ荘のリフォームは徐々にこうして用と美の両面から進んでいるのだなーと感激。  もちろん、すぐ見えないところでどれだけ多くの知恵と力と技が結集されて、人が寝泊まりできる空間にまでなったのかは、まだ一部土足で通過している部屋や使えない方のトイレや、押し入れに大量に並ぶ工具や廃材の数々をみれば、想像に余りありません。  まだまだ今後このイルカ荘のレジデンスは、楽しく美しく人の心意気と優しさを織りまぜながらゆっくりではあるだろうけれど、着実に進んでいくのだろうな、と確信した次第です。  それと、今回のサージ+ヨージ展をある意味影で支えた意味ある空間(人の空気)であったと持ち主のヨウさんとシオさんに改めて感謝いたします。  さて、わたしちゃっくはイルカ荘を出発後、JRで一駅先の東中野で下車。あの地図片手にまずは「間.KOSUMI」さんへ。今日は樋口陽子さんのリゾッとの日ということで、ギャラリー空間もその為のセッティングとなっておりました。とにかく光が優しく会場を包んでいるといった空間。サジヨジの作品以外にも、何気なく置かれているテーブルやちいさな赤い椅子やキッチンとして今回使われた奥の部屋の窓辺の様子にいたるまで、なんだかもう「ステキ」な感じでした。いくつかそんな様子も写真に撮らせてもらいました。  さて、私は残念ながらリゾットの日の予約をさせてもらっていなかったので、厨房からのあまりのいい匂いに後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしようと思っていたのですが、なんとオーナーの矢野さんと樋口さんの計らいにより、別席にて少量分づつ体験させていただいた次第。  同じくたった今到着の田頭さんや樋口さんとはとても親しいと言う赤尾さんともその場をご一緒し、いよいよ楽しく美味しく、サージ+ヨージ展の中側に入って行くちゃっくなのでした。  ちなみに、イルカ荘から一緒にやってきた3人の関西ボーイズの姿が見えず、探したところ窓下に発見。優しい樋口さんの一口ケータリングの場面なのでした。(本当はあまりの美味しい匂いに我慢し切れず、外でビールを飲みはじめた3人だったのかも?  そのあと伺った「器スタジオTRY」さんでは山本さんにおいしいコーヒーを入れて頂き、シュガーおサジの不思議な食感を楽しみました。カウンター横の小さな壁の凹み(電気のコンセントぐらいの大きさ)にちいさなネコの置き物がちょこんと置かれていたり、ギャラリー空間にさり気なく生けてある野の草花などにも、オーナーの山本さんのセンスを感じます。  それぞれの作家の方の作品達も、適度な量と空間に合わせた配置で、より格好良く堂々として見えました。  そしてまた、二葉苑→ミチさん→銭湯→大久保周辺夜の街と言うコースを今夜は樋口陽子さんや一家総出でいらっしゃった竹村さん、おなじみナンシー、泉ちゃん、他大勢も加わって大いに賑やかに歩んだ夜更けでありました。
見事なイルカ荘のモザイクタイル
玄関もすばらしい
感動の再会!シャネル(元:さじ)
かわいい椅子とグラス
Kosumiのやさしい空間
リゾットランチで優雅な時間
リゾット。匂いが伝えられないのが残念!
JavaScript:ON  プルダウンメニューが動作しない場合はこちら お問い合わせはこちらまで。 Copyright(C)2004-2005.Saji+yoji. All Rights Reserved. 
間・Kosumi 器スタジオTRY 二葉苑 スナックmichi スワンベーカリー カフェ傳 工房三度 PAO 竜の湯